• Mai Littlebridge

迷い



迷い、何かを決めかねている時、不透明な問題を抱えている時、自分のエネルギーは知らず知らずに不安定な場所にいる。

ちょうどナイフの背の上に立っているように、そこからネガティブ側に落ちるか、ポジティブ側にジャンプするか、どちらにでも一瞬でフラリと行く事ができる。

今の私たちの生活では、このネガティブな側に自分のエネルギーが合ってしまう事は非常にたやすい。

一度テレビやインターネットのニュースを見れば、そのほとんど全てがネガティブだからだ。


内容や人の類は違えど、それらが暗黙のうちに刷り込んでくるメッセージは一律してほとんど同じ。

”この世界は危険な場所であり、用心して進まない限り、自分には良くない事が起きて、困る事になる。だから常に心配する必要があり、心配するのは正しい事だ”

だ。

そうだろうか。

それは本当に、本当なんだろうか?

先日のブログでシェアした通り、大きな借金をして新しい車を買おうかどうしようかと迷っていた時、ネガティブ側にもポジティブ側にも、フラフラとよく落っこちた。

私はほとんどニュースを見ないが、周りにいる人々に私がその事で迷っていると話すと、みんな自分の意見を話してくれる。

その一つ一つはその人自身の経験をもとにした意見であり、聞いている私はふむふむと興味深く感じながら、と同時にますます自分のエネルギーがブレまくっているのを感じていた。


買ったらいいんじゃない!

って押してくれる人、

ホントに大丈夫なの?収入はどうするの?保険料も上げるけどそれは払えるの?

って現実的に計算してくれる人、

確かに不安定だけどきっとどうにかなるよ、って励ましてくれる人、

大統領選前後にますます経済は不安定になるから、買う時期をずらした方が賢明じゃないか、って視点からアドバイスをくれる人。

そのどれもとても有り難かった。

が、不安に駆られて他の人の正しそうな意見に従おうとすると、自分のエネルギーがどんどんグラグラになるのを感じた。

決めるのは、結局自分の選択以外にないという事を、私は理解している。

そして私たちには常に、自分の人生のリーダーになるだけの力がある。他の人たちを率いるためではなく、自分が自分の人生を率いる責任者になるのだ。

安全な方へと、正しい事を言っていそうな誰かについて行って、感想を(そして文句を)遠巻きに言うのが私たちの目的ではない。

自分のリーダーとなるにはかなりの決心がいるし、周りからの視線が気になることもあると思う。

あの人はおかしいとか、ちゃんと現実を分かってないとか、言われることもあるかもしれない。

周りの様々な意見、見方、世間のニュース、情勢、もっともらしい現実的な情報の中で、自分はどのエネルギーと波長を通わせて、何を信じたいだろう?

現実に見えるものの何を変えて、何をクリエイトしていけるだろう?

リーダーとなり、自分にとっての真実を見ると決める時、自分のエネルギーは軽くなる。

真実とは、自分には力があるということ。

自分は愛と同じにできているってこと。

必要なサポートは、求めれば必ず与えられるということ。

重く、暗く感じるその問題のエネルギーの中に留まって答えを探しても、見つからない。

なぜって、答えのエネルギーは光の中にある。

だから光の方に、自分が軽く感じる方に、エネルギーを向ける必要がある。

不安定なナイフの背の上で、その選択をし続けるのは自分だ。

何かに迷う時、

目を閉じて、あなたの真実を感じてみよう。

あなたの真ん中に、いつもずっとある、自分の力につながって。

たくさんの考えや迷いや不安の雲の、そのもっともっと奥に、静かに光り続ける自分の中の、無限のユニバース。

その場所から、自分は何を選びたいだろう?

この選択が合っているか?

じゃなくて、

自分の中にある強さを、信じてみる。

私にとっては、どうも信じる事も練習みたいだ。







インテグレイティッド・ヒーリング オンラインセッションのお申し込みはこちら








#インテグレイティッド・ヒーリング #インテグレート・ヒーリング #インテグレーティッド・ヒーリング #IH #迷い #不安定 #問題 #自分のリーダーになる #ユニバース #自分の真実 #信じる








Copyright © 2020 Little Bridge Healing Salon