気付きの先の気付き

更新日:1月13日



前々回のブログの続編。

オンラインで買ったレギンスが写真とは全く違うウソ物だった事に、キレていた私。


タッピングにより自分のイライラを手放し、スッキリしていたのが、返品のために販売者と連絡を取ると、先方の対応はこうだった。

1 Yes/Noどちらかを答えるしかないはずのストレートな質問には答えず、話をすり替えてくる。

→Manipulation (相手を操作する)

2 更に言及すると態度を一変。自分の言っていた話すら変えてくる。 

→Dishonesty (自らの防御のため、ウソを言い出す)

・・・ムカムカ~

なかなかおさまらない、このムカムカ。

忘れてしまおう、と思うのに、気がつくとまた同じことを考えてイライラしいる。


そんな時考えられるのは、


まだこの問題に関連して、気付くことがありまっせ。

て可能性。


ユニバースに、私が気付く必要のあることは何ですか?と聞いてみた。

するとどうやら、ノートに書き出してみたまえ、と言っている(気がする)。

というわけで書いてみた。


以下私のメモ。




私の今のキモチ

→(相手に対して)ヤクザだ。得体が知れない。キモイ。


相手が何を言ってくるやら分からない。

暴言により自分が傷つけられるかもしれない。

→私は相手とやりとりをする事に、安全を感じない。


自分はpowerless (力がない状態)で、相手が自分よりもパワフルだと、どこかで思っている。

相手はなぜ態度をひるがえして、嘘を言い出すんだろう?

→嘘で相手をコントロールしようとしている。

嘘で楯突かなければ、自分を守ることが出来ないと思っている。

安全を感じないので、攻撃的な態度に出る。


自分はpowerless (力がない状態)で、相手は自分よりもパワフルだと、どこかで思っている。

・・・・あら。

ということは、私と出所は同じじゃありませんか?

被害者の私と、加害者の相手。

その両者に共通したものは、

「恐怖」



だ。

私たちはお互いに、「自分が安全ではない」という恐怖が根底にある。



さっきまでキモいと思っていた相手との間に共通点が見つかると、キモさは半減するものだ。



ここで自分に質問する。



相手は本当に、自分よりもパワフルな存在なのか?

自分には力がなくて、状況に振り回される以外にないのか?

Noだ。


・・・じゃあ、私のこの「恐怖」から来る反応、やめましょうか。



Yes.



感情がいっぱいいっぱいになっている時、癒しは必要なステップだ。

前々回のブログでお話ししたように、何かに対して自分が大きく反応している時は、その感情は過去から派生していることが多い。

でも、その先にもう一つ必要なステップがあった。

それは、自分の力を認識する、という選択。


私が何かへの心配、もしくは今回みたいに恐怖から来る怒りを感じるということは、

=どこかで自分には力がない、と思っているということ。

それはつまりどこかではユニバースを信じていない、ということでもある。

散々ユニバースのスゴさとかユニバースとのつながりとか言っておきながら、私はこの後に及んでまだユニバースを疑うんだろうか?

わたしは今、どちらを選ぶ? 自分とユニバースを疑うか?

信じるか?

私が選ぶのは、

自分という存在は、Divine(神聖)であって、パワフルだということ。


自分とユニバースは、常に共にあるということ。

じゃあ、疑うのを止めて、それを信じようじゃないかね?


そしてこの「信じる」という選択、毎回し続ける必要がある。

自分の意思で。



意識が「今」にいない間、私たちの思考は一人歩きして、イヤな出来事や心配について繰り返し考え続ける。

同じストーリーをループ再生し続ける。

何十回も、時には何年もの間。

だから、自分にとってプラスにならない思考が無意識に再生される時、毎回それに気付くこと。


そして毎回、自分に問う。


私は今、どちらを選ぶんだ?って。

ユニバースと共にあり、パワフルな存在である事を選ぶか


自分は一人ぽっちで、なんの力もない存在だという事を選ぶか

信じる事が一度の宣言で出来る人もいるだろう。 でもそうじゃない人もいる。

なら、何度も何度も「信じる」を選択し続ける。



そうやって繰り返し選び続けると、それは自分の新たな信念となって、潜在意識に浸透していく。

目指せ、「パワフル思考の自動再生」!

よーし。



がんばるぞ~

あなたの思考は、何を繰り返していますか?


それは、自分に力を与えるものですか?


それとも、自分の力を奪うものですか?



I love you,


and I see beautiful You!








癒しを与え、選択する力を取り戻すために。

Integrated Healing オンラインセッション、お申し込みはこちらから。








#Integratedhealing #潜在意識 #無意識 #怒り #恐怖 #ヒーリング #ロサンゼルス #オンライン #セッション #選択 #インテグレイティッド・ヒーリング