• Mai Littlebridge

Gift



ここロサンジェルスのハリウッドでは、コロナによるロックダウンが始まって以来、ほとんど変化のない状態が続いている。すでに4ヶ月ストレート。

カラッと晴れた青空と真逆に、エネルギーは緊迫している。知らない間にしょっ中肩に力が入っていたり、これといった理由もなく気分が重かったり。

集合意識というものがこれだけ自分の体と精神の状態に影響しているのかと、まざまざと実感していて興味深い。自分とその他の77億人の人が、”自分と関係なくて、離れているもの”っていうのが実際はウソである事を、コロナと自分の体は教えてくれているみたいだ。



この4ヶ月間、時間にも余裕があって、人にギフトする機会が増えた。(gift = 与える、贈る)

この時期に変容していく人たちのサポートであったり、友人のサポートであったり、家族のサポートであったり。 ギフトするって、なんて自分の心が豊かになる事なんだろう、って有り難く感じている。

そして実はその感覚が懐かしくもある。

子供の頃お母さんやお友達に何かあげたり、動物に何かしてあげたり、ギフトすることに喜びを感じていた人は多いのではないだろうか?

その後大人になるにつれ私が学んだ事は、与えたり受け取るには条件が付き、無防備に与えると自分がバカをみて、傷つけられる、という事だ。

心からの愛を与えた相手からひどく傷つけられた、って経験だったり、

与えすぎると自分が損をする、ってメッセージだったり、

人に与えるほど価値があるものを自分は持っていない、って思い込みだったり。


2012年にIHを学んでからも、何度も半ウツ状態になったり抜けたりを繰り返していた私。

子供の頃からのサバイバルの影響とはいえ、一体なんでこんなに苦労しなきゃいけないんだ、というジレンマのような思いは常にあった。頭ごなしのアドバイスをしてくる人に苛立った時もあった。

こんなに切磋琢磨してるのに、どうして毎日をただラクな気分で過ごすという単純な事が、こんなにも難しいんだろう、って何度も失望したし、グレもした。

そして結局のところ、意識と潜在意識、両方のワークを好きで続けるうちに、パズルのピースがだんだんと形を成すように、徐々に長年繰り返したウツは晴れていった。まるで喪が明けたように。

明けたからいいものの、今だに一体あれは何だったんだろう、って疑問はあって、長い間その理由ははっきりとしなかった。もちろんとてもたくさんの要素が絡んでいたのは理解していたけれど。

そして最近気がついてきた。

私は自分が持っているギフト(資質、能力)をなんとなく分かっていたけど、そのギフトをはっきりとclaimしてはいなかった。(claim = 強く権利を主張する/ 求める/ 獲得する)

ギフトというものは、どうも与えられてはいても、自分でclaimしなければ完全に自分のものとして所有する事はできないみたいだ。

なぜ私がclaimしなかったのかって、所有するとは、同時にコミットする、って事を指していたから。

コミットする事をどこかで拒否していた。

そうすることによって、自分の自由がなくなる気がしたから。

見るべきものから目をそらし続けていたから、気分が落ちて当然だったと思う。

私にとっての自由とは、一切の束縛がない一匹狼としての自由であり、数週間かけて気ままにロードトリップに行ったり、しょっ中大自然の中に散策しに行ったり、行きたいと思った時に海外に行って旅をしたり。

そして気付いた事は、私が選んできた自由とは、自由ではなく、人生に本気でコミットするのを避けることだった、ってこと。

色々な「現実的なワケ」を盾に。


もちろん、最初はその自由には目的があり、ある時まではその役割を存分に果たしていたのだ。

だけどいつからかそれは変わり、私はただ彷徨っていたように思う。

自分が受け取っているユニバースからのギフトを人にギフトする、という責任の大きさに無意識にビビって、コミットする事を避けていた。

人生をどうしていこうか?と長い間悶々としていた時の自分に、今の自分からメッセージを伝える事ができるのなら、こう言うと思う。

もう受け取っているよ、って。

見ていないだけで、必要なものは最初からずっとそこにある。

腹をキメて、それをclaimしたらいいんだ、ってね。


そしてそれをどうしようがしまいが、自分が選択することだ。

ユニバースから私に渡されたgiftというバトンを、誰かにgiftしてつなぐ。


そうする事で、ただの一要素であった自分の資質、エッセンスは初めてgiftになり、自分もそれを”受け取った”ことになる。

gifting は愛であり、それはそもそも一方通行ではなく、循環するのが自然なんだと思う。

よくできているなぁ、ユニバース・・・

oneness (ひとつ)、ってことね?

与えることと、受け取ることって、結局同じなんだね。

って事を、体感し始めたこの頃です。

あなたのまだclaimしていないギフトは何だろう?

「ない」じゃなくて、あるって可能性に意識をおくだけで、エネルギーは徐々にシフトしていくよ。

そのgiftがなんであるか、自分よりも周りにいる親しい人たちの方が気付いているかもしれないね。自分の光って、見えづらい事もあるから。

YOU ARE LOVE,

and I see beautiful You!







自分への愛のリマインダーに。ブログ登録はこちらから

Integrated Healing オンラインセッションはこちらから









#インテグレイテッド・ヒーリング #インテグレートヒーリング #インテグレーティッド・ヒーリング #潜在意識 #筋肉反射 #ワンネス #ユニバース #与える #受け取る #コロナで気付いたこと

Copyright © 2020 Little Bridge Healing Salon